好きなことを仕事にする前の心得

ご訪問ありがとうございます、ビューティープランナー野村純子です。


エステティシャン、セラピスト、アロマ教室の先生など、

圧倒的に同業さんがいらっしゃる、アロマ&エステSalon de Shunaです。


サロンを開業する前に考えておきたいこと その①

『売り上げノルマに追われたくない』

だから、自分で開業して

お客様には、

商品トークばかりではなく、

ゆっくり休んでいただきたい。


私もそう思っていました。


毎日、5~10人のエステを担当し、(休憩も8時間労働も無縁でした)

化粧品をどれだけ売ったか、

毎日毎日繰り返し。

電話や事務処理に追われて、お客様をしっかりお見送りもできず、

ヤキモキしたこと、数え切れません。


でも、売り上げを考えることは悪ではないのです。


売り上げの収入がない限り、

社長=自分の自己資金を切り崩しながら、運営することになります

好きなことを仕事するためには、会社で嫌だった仕事も、自分ですべてやりくりする

ということ。

特に個人サロンはなおさら。

起業したら一人前セラピストなのではなく、

接客、営業、経理、広報、雑用すべて自分でやりくりするということ。


あの、でんじろう先生もこう言ってます。


『趣味程度のサロンだからいいんです』

という声をよく聞きます。


ほんとうに趣味のマッサージなら、趣味程度のサロンなら、

お客様からご料金をいただくことも、

『起業』と呼ぶことも

集客も、

悩む必要なんてありません。


悩むのは、ひとり黙々と没頭するための趣味ではなく、

お客様ありきの商売としていきたいからではありませんか?


趣味として続けておきたいのか、

プロとして経験値をあげたいのか、

自分次第です。

アロマとエステのプライベート専門学校Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

セラピストやエステティシャンのためのプライベート専門学校・Salon de Shunaです。 講師・野村純子はエステティック技術指導、皮膚学、化粧品学、開業準備勉強会、資格対策などを行っています。 現役オーナー様、セラピストとして独立志望の方、教養として、学びたいことをピンポイントに勉強できます。

ビューティープランナー 野村純子

大手サロン、化粧品会社本社勤務を経て、2004年ビューティープランナーとして独立。
エステ専門課程の学校法人や企業で施術指導、理論講習を行うほか、自らのサロンではお客様の施術にもあたる。

また化粧品企画開発に携わった経験から、独立当初より手作りコスメ教室を開き、化粧品成分や皮膚への理解を伝えており、講演依頼やメディア出演も多数。

【主な資格と活動】
日本エステティック業協会認定講師
同・インターナショナルエステティシャン
AEAJアロマテラピーインストラクター
愛玩動物飼養管理士
美容専門校、短大非常

0コメント

  • 1000 / 1000