ココナッツオイルの効果表示に根拠なし

どんなに優秀な食材も

薬のように効くとは表示できない

のが景品表示法。

例えば、、、

病院で処方された鉄の錠剤は貧血を改善するためのものだけど、

鉄分豊富なほうれん草は貧血改善とは表示できません。

誰が、どんな状況で飲んでも効くのが薬。

それに対し、

効果的な成分を含むから、食べ続ければご利益があるかもしれないけど、

分類としては「一般食品」だからです。


「効果的!」と表示して売るには合理的で客観的な裏づけを提示する必要があり、

ココナッツオイルには、その裏づけや信ぴょう性のある資料が提示されなかった、

というところで消費者庁から、景品表示法による措置命令を受けたのです。


私はエステティシャンやセラピストのために栄養学や、このような法律に関する講義を行い、私自身もふだんから注意しています。


ミランダ・カーあたりが愛用するとね、ブームになってしまうんだけど、

ココナッツオイルそのものは昔も今も変わりません。

くれぐれも、ココナッツが有害だったのではなく、人間の売り方がまずかっただけの話。


売る立場の人はもちろん、

販売はしないけど、

気に入った商品をシェアする人、

読む人みんなが、

言葉に踊らされない知識と責任を!



0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。