★保育園落ちても活躍する方法

美容、健康とならんで、ママの切実なお悩み『保育園』

子育てしながら会社に復帰しようとしても、思うように時短勤務ができなかったり、子供の発熱や成長が楽しみな行事のためにいちいち休みを取るのがはばかられたりするものです。

そんな背景もあって、サロン開業、ママ起業が選択肢としてクローズアップされるようになりました。

「自分でサロンを開業すれば、仕事と育児のバランスは思い通り★★」

さて、それだけの都合で、開業、起業することが本当に賢明でしょうか?

自分ひとり、代打のいない仕事というリスク。

私は子供が生まれるよりずっと前からサロン業、講師業をしていました。

自分だけの仕事なら産休、育休、好きなだけ休んでも誰にも文句言われません。

だけど、それは『CLOSE』 『廃業』とも言えます。

だから私はサロンの育休宣言をせずに、自分がヨシと思った時から復帰、、、

いや、正確には出産後の病室で、エステのご予約メールのやりとりをしていました。

毎日定時まで働くわけじゃないし、何とかなると思っていました。


いったん打ち切っていた学校の講義はあらためて契約となり、子供は週1日だけの一時保育園に預けることになります。

ほんとはね、週1日じゃ足りないんだけど、毎月毎月市役所に通っても週1より増えることはありませんでした。

認可外保育園を併用しながら3年。

民間サービスは予約さえ入れればすぐ利用できますが

『お熱が37.5度を超えましたので、お迎え来てください。

30分以内に来れないと5000円プラスです』

超シビアーーーーっ。


そんなんだったけど、

保育園落ちたら活躍できないってことはないよ!

と自分に言い聞かせて、小学校入学までがんばるしかない。


幼稚園に通わせて働くママ、

そもそも認可外しかない夜勤のママ、

いっぱいいらっしゃいます。

私と同じ単身赴任妻、珍しくありません。

妊活中でも、産前産後でも、ママの入院や手術日でも単身赴任は容赦ないね。

パパの育休?有給すら取れてません(苦笑)

実家がものすごーーーく遠くて頼れなくても、それでも何食わぬ顔で仕事して、子育てしてる。

そんなみんなを見てたら、

『なんで私ばっかり~もやもや』

って腐ってられないな。


保育士さんの賃金を多少アップして、人数が増えて、保育園が増えたころには、きっともう園児ではなくなってる。

だから安倍総理ではなく、パパにたくさん話をしようよ。

子供を連れて買い出しに行く不便。

子供が熱を出すと、自分まで足止めを食らう不便。

「いつも任せてごめんね。ありがとうね」

そのひとことで「しゃーないな」って流せることもある。

独りで子育てしてるけど、民間のサービス、お友達との協力体制のおかげで、孤独ではありません。

私が活躍できているかどうかはみなさんのご判断ですが、いつも本当に感謝しています。



アロマ&エステSalon de Shunaでは、

『ママ限定の格安ショートエステ』をメニューのひとつとして行ってきましたが、2016年3月末をもちまして終了いたします。

★フェイシャル3000円、ボディ5000円→終了(3/31迄)

4月からはどなたさまも従来のメニューのみとなります。

もっとキレイに、もっとくつろげる新サービスをご提供していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

公式ホームページ http://www.salon-shuna.com

0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。