アフィリエイターもひとごとじゃない「景品表示法違反」

ご訪問ありがとうございます、

ビューティープランナー野村純子です。


ホームページやブログで施術内容の紹介をしたり、

SNSで商品PRの発信をする方はたくさんいらっしゃいますよね。


たとえ小規模サロンであっても、誇大広告が景品表示法違反として取締を受けているのをご存知ですか?

違反するのはエステ、美容クリニックだけとは限りません。

アフィリエイターが発信している、キャッチ―な商品PRは、

「えっコレすごくない!?」

という具合に目を引く文言がとても多くて、一般の方もどんどん‘シェア’していきますね。

でもその内容、大げさに盛っていませんか?


このブログを読んでくださる特定の誰かのことではなく、「皆で気をつけましょう」という気持ちを込めて

景品表示法違反による措置命令を受けた内容の一例を要約しシェアします。


「頭蓋骨のゆがみを矯正…骨格から小顔矯正」

「戻らず…リバウンドせず…形状記憶…」

「たった1回で…1日で…5分で…になる」

「すぐに実感…即効性…」

 

病気やケガが治るかのような表現ができないことはオーナー様をはじめ、スタッフの皆さまもよくご存じと思いますが、


病気ではないし、『小顔を作る』ならいいのか?というと、


【客観的な証拠がなければNG】

【回数や期間、効能の断言はNG】


ましてや「頭蓋骨にアプローチ」なんて、施術前後でレントゲンを撮って確認できるのでしょうか???


ちなみに、

【Before/Afterの写真掲載もNG】

まじめな事業者にとっては、どうやって良さを伝えられるのか、その手段や表現がどんどん狭められているような気にもなりますよね。


ちょっぴり疑いの目で見れば、Before/Afterの写真は、

本当に施術で頭蓋骨にアプローチしたのか、

スゴイ特別な技術のように見えるけど

単なるヘッドマッサージでむくみが取れただけじゃないのか[優良誤認]、

などなど小顔になれた客観的証拠写真としては足りないのです。


私は本業エステティシャンの他に、報道に近い立場で美容ライターもしていますが、

「皮膚内のコラーゲンが減ると、シワやたるみを引き起こす」という、美容業の方なら誰もが知ってる内容も、

「ちょっと待った!」

と、資料の提示が求められるくらいです。


テレビや誰かに伝え聞いたのではなく、医学的事実ならその証拠を…というのが、モットーだからです。


アロマでも、マッサージ技術でも、

『だって先輩にそう聞いているから・・・』

『昔から知られている伝統療法だから・・・』

というのは証拠にはなりません。



自らの商品や施術や広告に、誰もが愛情や自信を持っているものですが、疑問を持つことも時には必要です!!



また、消費者の立場でさまざまなサロンをご利用の皆さまには

一見、魅力的なキーワードで購入するしまうこともあるかと思います。



人が太る仕組み、痩せる仕組みを知っていれば、

皮膚からそんなものが吸収するなんてありえない!と知っていれば、

胃腸で消化吸収するプロセスを知っていれば、

エステティシャン資格や美容師免許など専門知識を学んだ人なら、



そんな広告は書けないだろうし、

引っかかることもないだろうと思うのです。



これからますますSNSでも誇大広告への監視は強まっていくでしょう。


当サロンでは「景品表示法」だけでなく、「皮膚学」や「解剖学」の観点から正しいPRの仕方を学ぶことができます。


サロンオーナー様はもちろんのこと、

異業種から美容系アフィリエイト、ライター、セミナーをされる方はぜひご相談くださいね。




Salon de Shuna では関連法規の勉強会を随時行っています。


講座名『美容系広告と景品表示法のレッスン』

・景品表示法について

・化粧品、ダイエット関連商品で注意すべき表現とは?

・皮膚学、生理学から考える商品の効果

・NGワード事例

受講料:2時間 5000円

日時:予約随時


サロンオーナー様、プレオーナー様の他にも、美容系アフィリエイトを始めたい方にお越しいただいています。



元記事はこちら

野村純子ameblo    https://ameblo.jp/salon-shuna/entry-12181927885.html

0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。