ダイソーコスメの大量回収!知っておきたい「成分表示の誤り」とは?

ご訪問ありがとうございます、ビューティープランナー野村純子です。

ちょっと前までダイソーのコスメ売り場は棚が空っぽでしたが、ようやく少しずつ「安全確認」できた商品から戻ってきたようですね。

白髪隠し製品から有毒物質の『ホルムアルデヒド』が検出されたことと、

それからもう1点は『成分表示に誤りがあった』ことが問題となりました。

では、成分表示の誤りとは何がいけなかったのでしょうか。


理由はこちら。

ファンデーションなどの製品に、『パラオキシ安息香酸メチル』が使われているにもかかわらず、それが表示から抜けていたのです。

防腐剤の『パラオキシ安息香酸メチル』は、別名『メチルパラベン』です。

皆さんのお手元の化粧品にも入っているかもしれません。

化粧品によく使われている『パラベン』の一種であり、気にしている人も少ないのが現状でしょう。

中には、パラベンが入っているものを使うと肌に合わないとか、ポリシーとして使いたくないとか、買う時に表示をよく見る方もいるかな?


今でこそ、コスメは全成分表示義務の時代ですが、私が会社で商品企画をしていた頃は「指定されたものだけは必ず記載しなさい」となっていました。

それが『パラベン』と含む、【旧表示指定成分】といわれるもの。

昔も今も、入っているかどうかを明らかにすべき存在・・・それがパラベンです。


化粧品に使っていけない成分ではありません。

平気だった人が恐れる成分ではありません。

ただ、アレルギー反応を起こす一部の方には大問題になるかもしれず、回収されたんだと思います。


例えばですが、「お米の粉」の中に、小麦グルテンが入っていること、抜けていたら???

小麦粉を食べられなくて米粉を愛用している、小麦アレルギーの方にとっては大変なことになるでしょう。


だから100均はダメよとか、

台湾製は危険だわとか、

パラベンは避けなくちゃとか、

思うのは自由だけど、他社製品口紅にもフツーに入っていて、表示もされている、、、その程度のこと。


ホルムアルデヒドのように、間違っても入っちゃいけない化学物質もあれば、アレルギーでない人が徹底拒否するほどでもない、というレベルまでいろいろあります。

美容業界にお勤めの方でしたらぜひ、クチコミではなく、化粧品成分辞典や厚生労働省のHPなどでご確認を。。。

0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。