それで大丈夫?サロンの料金設定

サロン起業のお悩みのひとつ、施術料金。

一歩間違えば路頭に迷います。

「身内、知人に格安でエステしてあげたい!」
「まだまだ半人前だから料金は…」

なんて言ってるうちは、起業しないほうがいい!

あなたなりの【正規のご料金】をいただくことに罪悪感を持ったまま料金設定してしまうと、途中からいきなり値上げすることは難しいので、赤字同然で続けていくハメになりますよ。


「リラクゼーション業界は10分1000円くらいが相場でしょ?」

相場に合わせることがベストかどうか、、、それが戦略です。


「〇〇化粧品では2000円くらいでエステしてますよね」

格安エステと比較する必要はありません。

だってそれは、レクサス星ヶ丘店で車を買ったら、手厚くメンテして頂けるようなもの。

高い車や、化粧品セットを買っていただいた見返りとしての【お客様サービス】なのです。

ネタも仕掛けもないのに、底値ばかり見て、【格安】や【お客様サービス】と競争しようとすると、価格破壊だの経営難だの、自分の首を絞めることになりまねません。


さらに、レクサスで車を買っていないお客様が、修理を専門とする他店に向かって、

「レクサスではタダでやってくれるのに…(ここは高いわね)」

というのはおかしな話なのです。


(2015年5月13日 Salon de Shuna公式ブログより転載)



セラピスト・エステティシャンのためのサロンマネジメント講座(第2回)で、
料金設定について勉強できます。

リラクゼーション系、エステティックサロンのオーナーさん、開業準備中の方が対象の経営学です。

第1回 開業プランをまとめる・必要資金はどれくらい?

第2回 開業場所とスタイル・ターゲット層とサービス内容の関係

第3回 ターゲットに出会える集客方法・リピーターを獲得する方法

(2時間×3回セット 計15000円)


0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。