エステに就職したい!面接のポイントは?

来年も就職解禁日が変わるようです。

新卒予定の学生さんにとっては、何月から始まっても多少の不便がありますが、つらい就職活動を少しでも長引かせないためにも、元・採用担当という立場で、エステ・リラクゼーション系サロンに就職を志す方へのアドバイスをしたいと思います。


エステの面接で好感度が高い見た目とは。

優雅で華やかで、なおかつ癒し系のオネエサンというイメージを持たれることが多いエステティシャン。

「清潔感」は必須です!

女性が多い職場だからと言って、やりすぎアイメイクややりすぎピアス、やりすぎネイルなど、気合の入れ方をはき違えないようにしましょうね。

メイクが派手すぎると、かえって威圧感を与え、お客様を癒す立場にふさわしくありません。


「太っていたらダメですか?」

「ニキビやアトピーのお肌では採用されませんか?」

と心配して質問されることがありますが、採用担当者は、基本的に血の通った生身の人間です。

一生懸命さが伝われば、採用してあげたいと思うもの!

太ったり、肌荒れした経験がある人には、お客様の気持ちが分かるはずだから。

ただし、シェイプアップや美肌作りに通っているお客様の手前、入社したら自分磨きの努力を怠ってはいけません。


「美容に興味があります!」

といいつつ、すっぴん+ラフな服装で中途採用面接に来た女性がいました。

たしかに女性ならみんなエステに興味はあるでしょうね。でもビジネスマナー的にNG。

他の業種では許されるかもしれないけど、エステではNG。

結果的に不採用にさせていただきました。


リクルートスーツのブランドはどこがいいとか、白シャツの襟はどの形がいいとか、初めての就職活動になると、いろいろ心配もあるのでしょうが、問題はそこじゃない!


就職活動では、複数のサロンにアプローチしていくことになります。面接で初めて訪問するよりも、サロンの雰囲気や、売り、スタッフの顔ぶれなどをあらかじめ見て、予習しておきましょう。

スタイル重視だったり、格式高いサロンがあるのも確かなので。


(2011年4月27日 Salon de Shuna公式ブログより転載)

アロマとエステのプライベート専門学校Salon de Shuna

セラピストやエステティシャンのためのプライベート専門学校。愛知県尾張旭市のサロン兼スクールでは、フェイシャルやホットストーンなど技術指導、皮膚学、化粧品学、開業プラン、資格対策などの講義を行っています。すでにプロとして活動されている皆様が、学びたいことだけピンポイントに、好きな日時に予約して勉強できます。 美容専門学校・短大講師、イベントセミナー他。

0コメント

  • 1000 / 1000