「いつか自分のサロンを…」と思ったら

女性なら誰でも『私の人生、このままでいいのかな?』って思ったり、

『いつかは自分のサロンを開きたい』

『会社では実現できないような、自分流のおもてなしをしたい!』

って思い描くこともあるでしょう。

資格、キャリア、年齢、職種、やりがい、環境などの要素を集めて、

今は非現実的だとしても、そう思い描くってことはエステティックやセラピーのお仕事に愛着がある証拠。愛着はだいじ!


でも本当に開業したいなら夢や愛着だけではなく、行動力、持久力、柔軟性が必要です。

こんなサロンなら絶対人気が出る、

こういう業界なら初心者でも楽に儲かる、というものはありません。


私自身は新卒以来ずうっとエステの仕事をしてきて、

20代後半に独立という選択のチャンスが訪れました。

でも【エステができるエステティシャン】なんて星の数ほどいるし、

有名人でも何でもない私のサロンにお客様が集まるだろうか?

と考えます。


『まずは友人、知人から来てもらえばいいじゃない』

『サロンやりなよ!絶対行くから!』

『今後も癒し業界の市場は伸びる』

とサロン開業を推されましたが、

ココだけの話、それはアテにならないと思っておきましょう。

応援して下さった方には感謝していますが、

起業しようとするときに、

知人の声援だけで、何だか自分が求められているような気になってしまう

のはビジネスシーンでは危険なことです。


私はマネジメント講座にいらした皆さんには、

『それ、いいね。きっと売れるよ』

などと、わっしょいわっしょいしません。

きちんとリスクマネジメントもしていただきたいので、

『こうなった時にどうするの?』と、時には厳しいツッコミを入れます。

壁が現れた時の乗り越え方、ある程度準備しておきましょう。




(2011年ン8月11日Salon de Shuna公式ブログより再編集)

0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。