エステティシャンの採用適齢期

エステサロン就職や開業のご相談を受ける中で、多くの方が気にされているのが、

『この歳で採用してくれるところがあるだろうか…』

確かに、一般的な職業の求人票を見れば

『~25歳まで』
『経験者のみ・30歳まで』

などと限定されている企業が多いですね。

かくゆう私も、20代後半でサロン責任者だったころ、採用するにあたって、

『20代前半くらいで、サロン経験もしくは、美容業界経験、せめて社会人経験や持続力のある方』を募集していました。

その理由として。。。

当時のスタッフが全員25歳前後だったことを考えると、ひと回り以上も年上の方が本当になじんでくれるのか、お客様から見て違和感がないだろうか、ベテランさんは即戦力となるけれど、それまでの自分の経験に固執して柔軟性がない方は困る…と思っていたからです。

新卒者をたくさん採用して、一斉に研修を行い、配属させるような大手サロンと違って、年度の途中で欠員分を補うための中小サロンの採用では、なるべく即戦力となる方を雇いたいと思うものです。

しかし年齢であきらめることはありません。

私自身がアラフォーになった今、もし雇うなら『20代前半の方よりも、アロマやエステに対する愛情や経験や知識がそれなりにある方なら、30歳過ぎでも全然OK』だと思っています。

お客様よりも明らかに若かったり、落ち着きがなかったらいけません。

採用後に、接客マナーや敬語から指導する余裕って、中小サロンでは難しいでしょうね。

たとえば一流ホテル内のスパサロンだったら『新卒や若っぽい子は見た目でNG、お客様はセレブや有名人が多いので。エステがベテランでなくても構わないけど、英語などの語学は必須!』と聞きます。

結局のところ、店内の事情、業務内容によって年齢制限は異なるのです。

また、場合によっては2,3歳くらいオーバーでも採用されることは多々あります。

『35歳過ぎたら求人はない』などと思わず、ご自身の持ち味を生かした職、サロン探しを広い視野でしてくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000

アロマとエステのプライベート専門学校        Salon de Shuna(愛知・尾張旭)

スキンケアをもっと楽しくする手作りコスメ講座や、 プロ対象の技術講習まで随時開催しています。 もちろんフェイシャルエステ、ボディエステも受けられます。